モテるためには優柔不断な性格を変えよう。原因・解決策とは?

モテテク
スポンサーリンク

恋愛において、
優柔不断で落ち込んだ経験はありませんか?
スパッと物事を決められる人を羨ましいと思った経験はありませんか?
モテる人は物事をスパっと決める傾向があります。

物事の決断をするときに時間がかかりすぎる人はなにが原因なのか考えてみましょう。

 

間違えることへの恐怖

何か意見をするときに、本当は思っていることがあるけど言えない人。「もし、これを言って偏見を持たれたらどうしよう、バカにされたら?」このように、周りの反応を考えてしまいがちではないですか?間違えた発言をして笑われたら、心が折れてしまうかもしれない。でも、失敗することは悪いことではありません、。人間は失敗を繰り返して成長するもの。失敗しても、笑われても、周りの人は離れていきません。

言ったもん勝ちです。

 

望んでいるものがわからない

自分自身が何を望んでいるのか分からない人は多いはずです。

そもそも、
相手とどんな関係になりたいのか?
あの時あんなこと言っちゃったけど大丈夫だったのか?
本当に自分が好きになっていいのか?

なにを望んでいるのかわからなくて不安になっている人がいるとしたら、自分だけではないことを頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

 

人に気を使いすぎてしまう

人に気を使える人は優しい人です。悪いわけではありません。ただ、気を使いすぎることがよくないのです。何かを決めなくてはならない時、「まだ?」「早く決めてよ」と言われると、焦ってしまい決められなくなる。決められないから、相手の意見を聞く。聞いたからにはその人の意見を取り入れた方がいいから、そのまま決断を委ねてしまおう!ということはありませんか?

優柔不断な人にはありがちなパターンだと思います。しかし、人に決めてもらう人生になりかねないとは思いませんか?

例えば、デート場所を決める時。気は進まなかったけど、友達がせっかく勧めてくれたし、良いって言われたからここに決めた!というように決めたとします。

いざデートで行ってみると、
やっぱり面白くない、
相手もつまらなそうにしている、
あの人に言われたから行ったのに、、、

気づくと嫌なことを他人のせいにしている自分がいるはずです。自分自身で決めるから、責任が持つことができるのです。楽しくすることができるのです。

 

自分に自信がない

自信がないと思っているあなた。自信がないのではありません、自信をつける努力をしていないのです。

モテる人で自信がない人を見たことがありますか?
むしろナルシストのような人が多いとは思いませんか?

モテる人は皆、誰にも負けないくらい影で努力をして自信をつけているからです。

絶対相手を楽しませる、
俺が一番良い男
デートの時間を作ってくれた相手に損はさせたくない
という気持ちがあるからこそ、自信があり、輝いて見えますよね。少し自分を見つめ直してみると、きっと自信がもてる何かがあるはずです。

 

このように優柔不断な人が決められない原因を4つほど上げてみました。思い当たる節がありませんか?わたしから優柔不断なあなたへ、考え方が変わる方法を一つお伝えします。

 

決断力をつけるには掃除

掃除といっても、ただ掃除機をかけて窓を拭いて、、、ということではありません!

断捨離です!

優柔不断な人ほど部屋の中にはものが溢れかえっているはずです。例えば、ショップバック。たくさん取っておいていませんか?「何かの時に使えるかも」と思っているはずです。果たしてその何かはなんなのでしょう。ずいぶん昔のものまでありませんか?

理由が明確でないのであれば、いっそ捨ててしまいましょう。

なぜなら、「望んでいることがわからない」から。

例え、ショップバックだったとしても【捨てる】ということは立派な決断です。小さなことかもしれませんが、決断をしなければ捨てることはできません。自分の部屋を見つめると、心の状態も見えてきます。部屋の整理は心の整理になります。今の自分にとって必要なものなのかを判断していくと、部屋の中には本当に好きで必要なものしか残りません。例え間違えて捨ててしまったとしても、また買えばいいとおもいませんか。

【捨てる】という判断を続けることによって、部屋にも人間関係にも必要なものが見えてくることでしょう。きっと断捨離を繰り返していくと、判断力もつき、優柔不断な自分が変わっていますよ。

 

まとめ

優柔不断であることによって、せっかくの好きな人と仲良くなれるチャンスを逃している可能性があります。

誰かに決めてもらう、賛同するばかりの人生、楽しいですか?いつも誰かに決断を委ねていると、自分の本当に好きな人と深い関係になることは出来ません。

人のせいにすることは楽ですが、何十年時たったとき、あなたの周りには何人の人が残るでしょう。自分の人生は自分しか歩むことはできません。

逆を返せば失敗すること、間違えることは自分が成長できるチャンスです。モテる人はモテない人の何倍も失敗を繰り返しています。失敗はモテるための道と捉えて、自分の好きな人と楽しく活き活きと人生を送りたいですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました