運の良い人の考え方や行動。一瞬で運が身に付く方法とは?

モテるための道
スポンサーリンク

こんばんわ!

 

周りの人に圧倒的に最高な人生を送るための方法を伝え歩く、最強に自由を愛してる伝道師のzabiです!

 

 

本日は、運が良くなるための考え方、行動の仕方を書いていきます。

 

 

1、運の良い人・悪い人の違いは○○の○○○の違い

 

先日、とある経営者仲間と食事をしようということになり、鰻(うなぎ)を食べようと店に行きました。

 

 

ところが、たまたまその日は鰻屋が休みだったんです。

 

 

すると、仲間が「今日は運が良いぞ」と言いました。

 

 

普通ならば、
「ついてないな」
と思うところでしょうが、

「おかげで鰻よりいいものが食える」
と私たちは考えました。

 

 

近くを探してみたら、洒落たステーキ屋があったので、そこに入りました。

 

 

初めて入った店でしたが、「今日は美味しい物が食えるはずだ」と、フィレステーキを注文してみました。

 

 

結果的には、安くて美味しかったので、私たちはとても良い気分になりました。

 

 

もし、はじめに鰻を食べようとしていたのに、店が閉まっていたので、がっがりして、「今日はついてないな」と考えたら、次に美味しい物を食べようという前向きな姿勢に繋がらなかったと思います。

 

 

鰻が食べられなくても、それは有り難いこととして解釈したからこそ、美味しいステーキを食べることが出来たのです。

 

 

これは仲間が言い出したことですが、私もまったく同じ考えでした。

 

 

例えば、サラリーマンであれば、クレーマーの対応、上司からの説教など嫌なことは腐る程あると思います。

 

 

そんなときに、ただ自分の不運を嘆いたり、後悔するのではなく、これは自分のレベルが上がるための試練なんだと思いましょう。

 

 

つまり、一見すると不運に思えることであっても、自分の考え方次第で、幸運に変えることが出来るのです。

 

 

物事は全て良い面だけでは無いです。

 

良い面があれば裏返しに悪い面、嫌な面があるものです。

 

 

暗い人、悲観的な人は、そういう否定的な面ばかりを見てしまいます。

 

 

しかし、反対に、良い面を見て、感謝するようにすれば、物事はスムーズに進むものです。

 

 

それを否定的な面ばかりを受け取って、不平不満ばかりを言っていると、さらに悪い面ばかりが強調されてしまいます。

 

 

それでは、幸運の女神に好かれるどころか、みすみす幸運の女神に嫌われることになってしまいます。

 

 

運の良い人・悪い人の違いは、物事の捉え方の違いです。

 

 

あなたは、物事の良い面と悪い面、どちらを考えてますか?

 

 

2、運を動かすためには、○○をする

 

私は、運気を良くする1つの習慣として、毎月のバスケットをしています。
運動は文字通り、

『運』を『動』かす。

 

 

運動後はステート(体と心の状態)が上がります。

 

 

そのため、体は軽く動くようになりますし、
上記にある物事の捉え方も良いように解釈出来るようになります。

 

 

大人になると運動量は意識しないと上がりません。
強制的に時間を作り出し、運動をすることをお薦めします。

 

 

3、運を掴むために、即やる

 

私は普段から、

 

『即やる』

 

を意識しています。

 

 

思い立ったら即やる

 

頼まれたら即やる

 

後回しにしない

 

 

これは絶対意識しておいた方が良いです。

 

 

即やらずに、後回しにすると、どんどんやることが溜まっていきます。

そうなると、ふいな誘いや頼まれ事に対応出来なくなるんです。

 

 

この『ふいな』誘いや頼まれ事に大きなチャンスが隠れていることが多いです。

 

 

そして、そんなチャンスを掴める人を、世間では、

『運の良い人』

と言っています。

 

 

確かにチャンスを掴めるか掴めないかで人生は大きく変わります。
ただ、大きなチャンスはそう何度も来ません。

特に人の誘いは断ると次は無いと思った方が良いです。

 

 

あなたが憧れてる人からの誘いがきたとしても、他にどうしてもやらなくてはいけないことがあったら、断りますよね?

 

 

次でいいやって思って。。

ただ世の中甘くは無く、次はありません。

あなたは、大きなチャンスを逃してしまってるのです。

 

 

原因は物事を後回しにしてることが多いから。即やってれば、チャンスを逃すことは無かったのです。

 

 

あなたももし、後回ししてることが多いなっと感じたら、今日中に全て片付けてしまいましょう。

 

 

4、運を『見える化』するために

 

運の『見える化』って何だろう?

 

 

私は、

『運の良い人=チャンスを捉えることが出来る人』

と思っています。

 

 

なので、

『運の見える化』と言うのは、

『チャンスを捉える力を付けること』に等しいと思っています。

 

 

あなたは、チャンスが来たときに、それをチャンスだと気付き、しっかりチャンスを掴むことが出来ていますか?

 

 

もし出来ていないのなら、日々の行動が足りていない証拠です。

 

 

行動しないとチャンスは来ません。

 

行動してないとチャンスと気付けません

 

行動してないとチャンスが掴めません

 

 

結局チャンスを捉える力は、

『行動』

をしてこそ付くものです。

 

 

ボーっとしてる人には来ないということです。
って当たり前じゃーん!っと突っ込みがきそうなので、もう1つ。

 

 

チャンスが来るときの特徴もお伝えします。

 

 

チャンスは、

『万全の状態の時には来ない』

 

 

これ、結構当てはまりませんか?

 

 

これはすんなり人生上がらないぞっていうことなのかな?

 

 

例えば、

 

予定が入ってる時に限って、気になる人からお誘いの連絡がきたり

 

お金が無いときに限って、凄く熱い案件がきたり

 

 

本当人生って不思議です。

 

 

そこでチャンスを掴むか手放すかはあなた次第。

全てはあなたの行動から始まっています。

 

 

チャンスは掴めるように、日々行動して、

『運の良い』

人間になっていきましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました